ご無沙汰しております。生きてます。

今回は一つのゲームを作るのに、私の場合、どうやって進捗の管理をしているのかをご紹介しようと思います。

私の場合は以前から「Redmine」というシステムを使っているのですが、今では「Trello」という付箋のようにペタペタとタスクを貼って、進捗を確認できるサービスが流行っていますね。

しまいには、Redmineまだ使ってるの?という記事まで書かれてるほど……(http://kawazinfo.hateblo.jp/entry/2015/10/28/213800)

 

もちろん自分もTrelloを試してみたのですが、1日も続かなくて断念……。

老害扱いされたとしても、なぜかRedmineの無機質なチケット一覧と進捗度、かかった時間などを記録できるシステムが、自分には合っているようでした。

ただ、このRedmineはクセが強いだけならまだいいのですが、自分でサーバ立てたりインストールしたり設定したりと、環境構築が結構大変だったりします。

なので、初めてプロジェクト管理をするのならTrello使いましょう╭( ・ㅂ・)و ̑̑

 

以下は脱出探偵少女のRedmineのチケット一覧です。

デザイナが見たらタブを閉じそうになるぐらいの無機質感!(だがそれがいい)

個人開発なのでチケット(タスク)を追加するタイミングや作業の細かさ、進捗率や締切などはわりと適当です。

Trelloでも同じですが、作業をした日にやった出来事を記録する習慣がつくと、今やっていること、これからやることが目に見えるので、個人開発者で「モチベ上がらん」と嘆いておられる方は、ぜひ”プロジェクト管理の習慣化”にチャレンジしてみると良いかと思います。

ちなみに、脱出探偵少女の総作業時間は……

これが”ちりつも”ってやつだぜ……。

(作業時間は作業した日に入れている感じで、そこまで厳密じゃないです。チケットにない裏作業みたいなのもあるので、たぶんもっとかかってると思います)