RPGツクール(RPGMaker)MVにて、CrossWalkを使ったAndroid出力時に画面の色調変更がうまく動作しない問題があります。
(CrossWalk v14以降での現象を確認しています。v10~v13のだと大丈夫でした。)

今後の事も踏まえ、色調変更がピクチャを使用したスクリーン制御を行えるプラグインを作成しました。

画像を用意しなくても、単色のスクリーンであればプラグインコマンドのみでピクチャを生成することができます。
画像を用意して、例えば雲のようなスクリーンを指定することもできます。(普通のピクチャ表示と変わりません)

プラグインコマンドを用いることで、フェードイン/アウトの時間指定なども行えるようになります。

スマホ対応を視野に入れている方はどうぞご利用ください。

RMMV_PScreen02

ダウンロード

https://github.com/tokineco/RMMV_CRTAPlugins/blob/master/plugins/CRTA_ScreenPicture.js

インストール方法

js/pluginsフォルダにCRTA_ScreenPicture.jsファイルを格納し、RPGツクール側でプラグインをONにするだけです。

設定項目

RMMV_PScreen01

Screen Picture ID スクリーンに使用するピクチャID。このピクチャ番号は他で使用しないでください。
Fade Picture ID フェードに使用するピクチャID。このピクチャ番号は他で使用しないでください。

使い方

※使用例
RMMV_PScreen03

プラグインコマンドを使用します。

CRTA_ScreenPicture set fade 0 0 0 0
指定色でフェードスクリーンを作成する
(引数1:screen or fade, 引数2:赤[0~255], 引数3:緑[0~255] 引数4:青[0~255] 引数5:透明度[0~255])

CRTA_ScreenPicture set fade ScreenPoisonMist 192
指定ピクチャでフェードスクリーンを作成する
(引数1:screen or fade, 引数2:ピクチャファイル名, 引数3:透明度[0~255])

CRTA_ScreenPicture fade fade 255 60
フェードスクリーンを指定フレーム数かけて指定透明度までフェードする
(引数1:screen or fade, 引数2:透明度[0~255, 引数3:フレーム数[変数指定可能$gameVariables.value(1)等])

CRTA_ScreenPicture erase fade
フェードスクリーンを消去する
(引数1:screen or fade)

例えば、60フレーム使って黒のフェードアウト(徐々に黒く)したい場合は

CRTA_ScreenPicture set fade 0 0 0 0
CRTA_ScreenPicture fade fade 255 60

でスクリーンの生成とフェード登録を行い、フェードインする(徐々に画面を見せる)ときは

CRTA_ScreenPicture fade fade 0 60

とします。

そして不要になったら、

CRTA_ScreenPicture erase fade

として、ピクチャを解放します。

よく使用する場合は、それぞれコモンイベントに登録すると楽かもしれません。

フレーム数部分は変数も入れられるようにしたので、フェードフレーム数を変数に持たせ、フェードイン/アウトする前に変数値を変更することで柔軟な処理ができると思います。

また、夜の表現や回想などのセピア調、霧のようなスクリーンも一緒に使えるように、引数1に screen を指定することで、fade と別にピクチャ表示することができます。

なお画像を使用する場合は、picturesフォルダにスクリーンサイズの画像を配置するようにしてください。

 

※動作検証は「Steam版 RPG Maker MV」および「RPGツクールMV 体験版」でおこなっています。

 

< RPGツクールMV用プラグイン素材へ戻る