iOSのアプリをiPhoneやiPadの実機で確認したり、アプリをAppStoreへ申請するためには、iOS Developer Program (2015年3月現在は年間¥11,800[税別])に登録する必要があります。

ここでは2015年3月時点での、iOS Developer Programの登録手順をまとめます。
(筆者の失敗も記録してます)

iOS Developer Program 登録ページ

以下のURLへアクセスし、「今すぐ登録」ボタンを押下。
https://developer.apple.com/jp/programs/ios/hp_1

続ける。

hp_2

Apple ID を求められる。
私の場合は個人で開発を行うが、個人のiPhoneでアプリをダウンロードするときに使用しているAppleIDとは別に、開発用のApple IDを作ることにした。全て英語で登録しないとうまくいかないことをよく目にしていたので、その通りにしてみる。
(すでに持っていたり、通常利用時と同じAppleIDを使用する場合は進むボタンを押下し、ログインする)

hp_3

開発用Apple ID の作成

Apple ID を作成する。
全て英語で記述。

hp_5

Security Questions は3つある。
コンボボックスから英語の質問を選択して、テキストボックスに回答をしていく。

Mailing AddressはCountry/RegionをJapanにすると日本用の住所入力ができるようになる。
また、最初のName部分も読み方を入力するフォームが追加されているので注意(読みも同じローマ字で登録)

Postal Code:郵便番号
State/Province:都道府県
Town/City:市区町村
Address Line1には番地、Address Line2にはアパート・マンション名。

Preferred Languageは日本語。
メルマガを受け取るかどうかのチェックを選択して、Captchaコード(画像の文字)を入力。
Create AppleIDで入力内容を登録。

正常に終われば、以下の画面になる。

hp_6

これと同時にメールも送られるので、Verify now > をクリック。

hp_7

作成した Apple ID とパスワードを入力し、Verify Address を押下。

hp_8

うまくいくと、完了する。

hp_9

iOS Develiper Program の購入

改めて iOS Developer Program のページへ進み、作成した Apple ID でサインインする。
ライセンスには 個人開発者向けと法人向けがある。
個人開発者向けライセンスが欲しいので、Indevidual を選択。

hp_10

私の場合は、この時にApple IDのサインインを求められた。
その後、情報を登録する画面が現れる。私の場合は以下の様に登録。

hp_11

登録。

hp_12

Continueを押下すると、今度はクレジットカードに登録している住所を入力する。
このページの上段では日本語で住所を、下段では英語で住所を入力する。

hp_13

電話番号は国コードも必要。日本の場合は、
81-電話番号の先頭0を省いた番号
を入力する(例 : [81][9012345678][])

continue ボタンを押下。
iOS Developer Programを選択してcontinue。

hp_14

確認画面で情報に間違いがないかを確認し、continue.
規約の確認をする。コンボボックスから日本語を選択すると、日本語で規約を読める。

hp_15

同意のチェックボックスを選択し、I Agree を押下。
購入するプログラムが iOS Developer Program となっていることを確認して、Buy Now

hp_16

ここからApple Storeのページヘ。
Apple ID でサインイン。
その後、買い物画面となるので、クレジットカード情報を入力する。
(後述するが、ここではすでに入力されている英語の名前のままで登録をしたほうがよい。
ここが登録したApple IDの情報と違うと、認証保留となってしまい、サポートへの問い合わせが必要となるかも。)

hp_17

注文を確定させる。

hp_18

メールが来るらしいので、しばらく待ってみる。
(もしかしたらメールは来ないかも? Developer Centerページへ行き、状況を確認してみるといいかも)

失敗していたパターン

……24時間以上待ったけど、メールは送られてこない!!
Developer Center ページに行くと以下のような状態で止まっていた。

hp_19

contact us のリンクへ飛び、言語を日本語にした上で、サポートにメールを送ってみた。

お世話になっております。
iOS Developer Programを購入しましたが、アクティベーションコードが送られてきません。

購入番号は以下のとおりです。
W○○○○

また、ステータスは以下のようになっています。
————————
Contact Us

We are unable to verify your identity. Please contact us for further assistance.
————————

ご確認をお願い致します。

夜寝る前に送り、翌日の午前中にはメールの返信が届いていた。

アカウントを確認させていただいたところ、お支払い情報と登録情報で微妙な相違があったようで、自動的に登録が保留状態になっておりました。

なんてこった。
自分は支払いページが日本語だったので、つい日本語で入力してしまっていたのだが、これがまずかったらしい。
あと、アクティベーションコードはもうメールでは送られてこないらしく、今回のようなエラーがなければ自動的にアクティベートが完了するとのこと。

この他にも、今後役立ちそうな資料へのリンクも紹介してくれていた。
(関係ないけど回答メールには誤字もあったので、テンプレ送信ではなくサポートの人がちゃんと書いてくれている模様。自分の中でなぜか好感度アップ)

ともかく、アクティベートはサポートの人がやってくれていたので助かった。

アクティベートの確認

メンバーセンター(https://developer.apple.com/membercenter/)へアクセスすると、ステータスが変わっているのを確認。

hp_20

メニューから Programs & Add-ons をクリックすると iOS Developer Program の有効期限が表示されている。
これでアクティベートの完了を確認できた。

hp_21

この後はいよいよiPhoneで実機確認を行います!
記事が長くなったので、次回へ続く