Windows環境でcocos2d-x 3.4を使った開発を行うための試行錯誤をメモしたものです。
Windows OS 上で動くPC向けアプリと、Androidアプリを作るための環境構築を目標とします。

Visual Studio Community 2013

http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx
ISO と 日本語言語パックをダウンロードして、本体インストール後、言語パックをインストール。
自分は事前にインストールしてたので詳細は割愛。
インストールはかなり時間がかかるので覚悟しとく。

Python 2.7.9

https://www.python.org/
3系ではなく、2系の最新版、2.7.9をダウンロードする。

インストーラに任せて「C:\Python27\」にインストール。
python_1

Add python.exe to Path もインストール(Pathを通す)ように設定して、Next
python_2

Pythonセットアップ完了。

Eclipse

https://www.eclipse.org/downloads/
eclipse_1

解凍して、自分はとりあえず C:\へ移動させた。
C:\eclipse

Android SDK

http://developer.android.com/sdk/index.html#Other

Windows の exe版をダウンロード。
Android_SDK_1

C:\Androidフォルダを作成し、そこへインストール。
Android_SDK_2

Android SDK Manager
Android_SDK_3

とりあえずAndroid 4.4.2 と Extras にチェックを入れて、Install。
Accept Licenseラジオボタンを選択して、Install。

Android NDK

http://developer.android.com/tools/sdk/ndk/index.html
環境に合わせてダウンロード。
Android_NDK_1

解凍後、android-sdkと同じフォルダ階層に移動させておいた。
(64bit C:\Android\android-ndk-r10d)

Apache ANT

http://ant.apache.org/bindownload.cgi
.zipをダウンロード&解凍。
Apache_ANT_1

これも
C:\Android フォルダに移動

cocos2d-xダウンロード

http://www.cocos2d-x.org/download

C:\cocos2d-x\ に解凍する。
C:\cocos2d-x\cocos2d-x-3.4\
cocos2dx_1

cocos2d-xセットアップ

C:\cocos2d-x\cocos2d-x-3.4\setup.py
を実行

インストールしたAndroid関連のパスを聞かれるので、パスを指定。

->Please enter the path of NDK_ROOT (or press Enter to skip):C:\Android\android-ndk-r10d

->Please enter the path of ANDROID_SDK_ROOT (or press Enter to skip):C:\Android\android-sdk

->Please enter the path of ANT_ROOT (or press Enter to skip):C:\Android\apache-ant-1.9.4\bin

完了したら、環境変数を適用するために再起動。

・ここでようやくプロジェクトを作成する。
事前にゲームプロジェクトを格納するフォルダを作成。
D:\Cocos2d-x-Projects\

コマンドプロンプト(cmd.exe)にて

cocos new [プロジェクト名] -p [ドメイン名を逆さにしたもの.プロジェクト名] -l cpp -d [プロジェクトパス]

のように入力。例として、以下のようにした。

cocos new SampleGame -p net.cretia.SampleGame -l cpp -d D:\Cocos2d-x-Projects

以下のようにテンプレートができあがる。
cocos2dx_2

 

Windows版

proj.win32\~.slnを開く
Visual Studio 2013 が立ち上がり、ソリューションが読み込まれる。
ソリューションのビルド。
vs_1

初回は結構時間かかる。5分ぐらい?
あと警告いっぱい。だけど、今は気にしない。
vs_2

次はデバッグ。
vs_3

画面が出た。
vs_4

Android版

eclipseを起動。
ワークスペースのパスは、フォルダを作って以下に場所にしておいた。
D:\EclipseProjects

Android開発環境をセットアップ。
Help > Install New Software
eclipse_2

Work with: で Add
eclipse_3

ダイアログで以下の通りにして追加。

Name: Android Plugins (任意)
Location: http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

eclipse_4

全部チェック。確認して、ライセンスも同意する。
eclipse_5

ワーニング出てもOK押す。(署名ないし、動くかわからんけど続けるかい?ってことかと。)
eclipse_6

eclipse再起動。
Googleに情報を送りますか?ダイアログ。どっちか選んでFinish。
eclipse_7

Window > Preferences
eclipse_8

General -> Workspace -> Linked Resources -> New
eclipse_9

以下のように設定。

Name: COCOS2DX
Location: C:\cocos2d-x\cocos2d-x-3.4

eclipse_10

C/C++ > Build > Environment で Addボタン
eclipse_11

以下のように設定。OKを押してApply

Name: NDK_ROOT
Value: C:¥Android¥android-ndk-r10d

eclipse_12

File > New > Project…
Android > Android Project from Existing Code

eclipse_13
eclipse_14

ここでの場所は、以下のとおり。

Root Directory: D:¥Cocos2d-x-Projects¥SampleGame¥cocos2d¥cocos¥platform¥android¥java

eclipse_15

もう一回同じようにして、今度はproj.androidを追加する。ちょっと時間かかる。

Root Directory: D:¥Cocos2d-x-Projects¥SampleGame¥proj.android

eclipse_16

Window -> Show View -> Package Explorer
で、2つ出とけばOK。

Run->Debug
なんかエラー出る。

Unenable to resolve target ‘android-10’
Installation error: INSTALL_FAILED_NO_MATCHING_ABIS

android-10のエラーは2回目だとなぜか消えた。
もう一つのエラーは、該当するエミュレータ(AVD)のデバイスを作っていなかったからっぽいので新たに作る。

Window > Android Virtual Device Manager
eclipse_18

Device Definitions で Nexus 5 を選んで Create AVD
eclipse_19

こんな感じで設定。
eclipse_20

プロジェクトを右クリックし、Propertiesを開き、Android > Project Build Target を作成したAVDに変更する。

もう一回ビルド実行。
ちょっと立ち上がるまでに時間がかかるが立ち上がる。初回起動時は端末セットアップが始まるので、
アプリのインストールは失敗する模様。
エミュレータを日本語にするなどして、設定が終わったらもう一度実行。
eclipse_22

表示された!
Ctrl + F11 で、横向きにできる。
eclipse_23

めでたしめでたし。